ダメなお母さんなんていない

先日、
「ダメな子どもなんていない」
という記事を書きました。

全ての人は、
無限の可能性を持っています。

コーチングの大前提の一つです。

だから、
今どんな子であっても、
ダメな子なんていなくて、
全ての子どもが
たくさんの可能性や
伸びしろを持った存在なのです。

同じことは、
お母さんにも当てはまります。


子どもにうまく接してあげられなかったり、
何かができないと
私ってダメなんだ。

ってすぐに
私たちは
結論を出してしまいがち。

でもね。

人の結論なんて、
そう簡単に出すものでは
ないとおかんは
考えています。

今こうやって、
一所懸命子育てをしながら
毎日を生きているけれど、
まだゴールじゃない。
まだ終わりじゃない。

まだまだこれから。

それに、
子どもの時と同じく、
そもそも
「ダメな母親」って、
一体何と比べて
「ダメ」って
決めつけるのでしょう?

何か、
こうあらねばならない
母親像って
あるのでしょうか?

人はみな違います。

誰かと同じ母親に
なる必要なんて
ないのです。

あなたには、
あなたの目指す母親が
あっていいし、
それがまわりの
たくさんのお母さんたちと
違っていても構わないのです。

それであなたや
お子さんが
幸せなら。

周りにいる
幸せそうなお母さんの
真似をしたって
それであなたとお子さんが
幸せになるとは
限らないのです。


いい母親を
目指す前に、
まずは自分自身が
幸せになること。

自分の気持ちを
しっかり受け止めてあげること。

自分で自分に
ひどい扱いをしないこと。

自分を否定しないこと。

自分が頑張っていることを
認めること。

自分の力で考え、
自分の力で行動すること。


あなたは
ダメな母親なんかじゃない。

まだまだこれからな部分は、
あるかもしれないけれど、
あなたが望めば、
あなたはまだ
どんな母親にだって
なれるのです。

あなたは本当は、
どうなりたいの?

それをとことん
考えていくこと。

こんなところ、
まだゴールなんかじゃ
ないですからね。

今からだって、
できること、
叶えられることが、
山ほどあります。

人生の
最後の最後に振り返って、
「よくがんばったな、あたし」
って思えるような人生は、
これからでも手に入れていけます。


おかんが
自分自身の可能性に気付き
心折れた状態から
回復し、
前を向いて
一歩を踏み出せるようになって、
親子関係は
大きく変わりました。

そして
そこが変わったら、
子どもも変わっていきました。

発達障害があっても、
人と同じようにはできなくても、
息子たちは、
今自分ができることを
精一杯やって
生きています。

彼らをそのままで認め、
信じて見守り
応援できるおかんでいることを
諦めずに
続けていくこと。

今の自分も、
息子たちも、
評価をせずに、
今このままを受け止めて、
見ていくこと。

今自分に
何ができるのか、
いつも考え、
行動していくこと。

おかんはこれからも、
自分自身がそうありたいと思い、
目指し続けますし、
同じように
そうありたいと思うお母さんたちを、
これからも、
応援し続けたいと
思っています。

だって、
ダメなお母さんなんて、
誰一人、
どこにもいないんだから。


今日もお読みくださり
ありがとうございました。


発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »