「生きる」ことについて、さらに考えるようになりました

昨日、
キッチンの棚の中身を
すべて出して、
これからも使いたいものと、
もう使わないと思うものに分けました。

次男が家を出た後、
家のあちこちを、
こうやって全部出しては、
分別して、
必要なものだけ
戻す作業を
続けています。

こういう作業をすると
考えるのが、
これからの自分の人生。

あと残り
どのくらいあるのか
わからないけれど、
もう、想像できないほど
たくさんは残っていないと思う。

だからこそ、
本当にこの先
これを持っていていいのか、
使いたいのか、
を考えるように
なりました。


そこにこのコロナです。

自分自身では、
これまでの
肺や気管支の病歴から、
感染したら
命にかかわるなと
思っています。

そう思って、
片づけと同時進行で、
長期入院の準備やら、
保険証券のまとめやらも、
進めています。

パスワード一覧や、
私がいなくなった後の指示、
彼らにあてた
手紙も書いておこうと
思っています。

これだけやって、
何もなければ
それはラッキーなこと。

持ち物を減らすのは、
後に残った息子たちが、
片づけに苦労しないように。
という想いもあります。

今回の
コロナの流行は、
今までよりも
さらに終わりを意識することになり、
人生を本気で見直すための
いい機会になったように
思います。


この状況で、
一番大事なのは
何だと思いますか?

おそらくこれから先、
社会の在り方も
どんどん変わってくると
思います。

昔のままの
考え方や価値観では
これからはやっていけない。

本気で手放し
変えていく覚悟が
必要だと思います。

それはもちろん
子育てにだって
言えること。

これからを生きていく
我が子に、
何を伝え
どう育てていくのか。

答えは
全員が違うはずです。

もう誰かに答えをもらって
生きていく時代では
ないのだと思いますよ。


常に自分の頭で考え、
その考えを元に
行動していくこと。

自分を大切にし、
周りの人を大切にすること。

家族のつながりを
大切にすること。

生活を、
生きていることを
楽しむこと。

おかんにとって
これからも大切なことは、
ここにあると
思っています。

そう思うと、
この厳しい状況を
抜けた後には、
新しい始まりがあると
思っています。

今は、
それに備えて、
おうちの中で、
自分自身を整える時間。

さらにバージョンアップ
していきたいと
思っています。

子育ては、
自分自身の人生と
繋がっています。

後悔しない人生は、
行動なしには
手に入りませんからね。

自分が行動しないと、
何も変わらないし、
何も手に入れられない。

行動しようとする人を、
これからも全力で
応援していきますね。


今日もまた、
笑って過ごせますように。

そうそう、
こんな活動があること、
ご存じでしたか?

おかんは昨日
早速検索しました(^^)

https://events.yahoo.co.jp/norikoeyou/

医療現場や、
ライフラインを保つために
いつもの日常を
私たちが送るために、
働くお母さんの
お子さんを預かるために、
今日もいつも通り
お仕事に向かわれるみなさんに
心から感謝します。

今日もお読みくださり
ありがとうございました。

発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »