「怒らない子育て」なんてやっていない、おかんの子育て

『次男のところは、
来てくれないかと言われ、
準備をしていたのに、
出る寸前になって、
翌日に延期されたので、
LINEでキレておきました(笑)。』

って
昨日書いていた、
次男にLINEでキレた件。


それはおとといの事でした。

おとといの朝起きて、
携帯をチェックすると、
次男から
夜中の3時に
メッセージが来てました。

そこには
「今日もし動けるなら
○○と○○と〇〇を
もってきてほしいあと
○○に買い物に
つれていってほしいあと
色々いらんもん持って帰ってほしい」

って、
読んでいて
息継ぎしたくなるくらい
続けざまの依頼(苦笑)。

次男からのお願いは、
いつもこんな風に
突然で一方的で
おかんの予定お構いなしの
自分の希望並べ立て型。

寝起きに読んで、
一瞬で目が覚めて、
さてどうしてやろうかと
考えてしまいます(笑)。

気持ちを落ち着かせて、
「わかった」
「午前中なら動くわ」
と返事をして、
10時くらいに
家を出るつもりで、
準備をしていたのですけどね。

出る時間直前になって
次男からまたもや
メッセージ。

「明日は?」

たったそれだけだったので、
「明日の方がいい?」
「今から出ようかと思ったんだけど」
と送ったのに、
全く返事なし。

そしてそこから1時間、
全く次男からは
返事がなかったのです。

何度も直接
電話をかけたのだけど、
応答もなし。

午前中に
頼まれた用事は済ませようと
考えていたおかんですが、
出られないままに、
次男に連絡を
取り続ける1時間を
過ごす羽目になりました。


最初の連絡から
ちょうど1時間、
次男から再びの
メッセージ。

「明日は?って
明日の方がいいって
ことやってんけど」

わかるかそんなもん

そんなこと、
最後まで書かなきゃ
わからないし、
それならそれで、
すぐに返事をしてくれたなら、
おかんは1時間
無駄にせずに済んだのに。

そう思うと、
怒りは収まらない。

とりあえず、
言いたいことは
LINEでぶちまけておきました。

それと、
明日の午前なのか、
午後なのか、
どちらを希望するのか。

そしたら次男、
そのおかんのメールに対して
「り」
「午後」
だけの返信。

おかげさまで、
おとといの午後は、
ずっとムカついていた
おかんです。

なのに、
夜になって突然
「あと風邪薬とか持ってきて」
と連絡が入ると、
とたんに心配になります。

「どうしたの?
風邪っぽいの?」

状況によっちゃ
行くのはやめようかと
思って訊いたら、
「熱があるわけじゃなく、
もし出たときこわいから」
という理由でした(笑)。

なんだか
怒っていたのも忘れて、
そこからあれこれやり取り。

結局昨日の午後、
頼まれたもの全部と、
しばらくの食糧を持って
次男のところに
走ったのでした。


子どもとのやり取りで、
腹が立つときは、
素直にその感情は
出すようにしています。

言いたいことは、
口で直接言うと、
感情が乗っかって
どんどんエスカレートしていくので、
メッセージで送るように
しています。

それから、
八つ当たりは
しないようにしています。
(できるだけ)

それと、
怒っていても、
子どもの言い分は
とにかく感情を横に置いといて、
徹底的に
聴くようにしています。

愚痴は、
本人に聞こえないところで、
聴いてくれる人に
ぶちまけるか、
文章で書いて発散します。

人間なんだから、
怒りたいときもあるし、
イライラするときも
あって当然だと
思っているので、
それを我慢しなければとは、
全く思っていません。

行動は責めるけど、
本人自身のことは責めない。

芋づる式に
過去のことを持ち出さない。

コーチングを学んで実践し、
息子たちとのやり取りで、
反撃され、
たくさん学んできた結果の、
今のおかんの
怒りの対処法です。

我慢しすぎて
抱え込んで、
自分だけ被害者みたいに
感じる必要は
ないってこと。

相手には
相手の理屈があって、
事情がありますからね。

家族で
顔を合わせる時間が
前よりも長くなった
この自粛生活。

できるだけ
精神的に健全に
過ごしていきたいですね。

今日もまた、
笑って過ごせますように。

医療現場や、
ライフラインを保つために
いつもの日常を
私たちが送るために、
働くお母さんの
お子さんを預かるために、
今日もいつも通り
お仕事に向かわれるみなさんに
心から感謝します。

今日もお読みくださり
ありがとうございました。

発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »