子どもをほめる?

子どもが何かできたとき、
あなたならどんな風に
それをお子さん自身に
伝えますか?

「〇〇できてすごいね」

「○○ちゃんはえらね」

「○○できたね」

「○○できてお母さんは嬉しい」

伝え方によって、
子どもの受け取りは
様々です。


「○○できてすごいね」

は、
使い方次第だと
おかんは考えています。

この言い方ばかりを
していると、
「○○ができる自分は
すごいのだ」

と、
自分は有能で
それができない子は
ダメなのだ。

と思う可能性も
あるからです。

使ってはいけないとまでは
思いませんが、
乱発はしないようにして、
自分が心の底から
そう思ったときだけに
とどめた方が
よさそうですね。


「○○ちゃんはえらいね」

と、
何が原因で
えらいのか。
も言わずに、
本人を持ち上げるのも、
同じです。

根拠のない有能感を
持ちやすく、
それは自己肯定とは
また違う感覚だと
おかんはとらえています。

子どもって
ほめればいいものでは
ないのです。


「○○できたね」

子育てコーチングでは
この言い方を
積極的に使います。

できたことを
「できた」と認めること。

それを言葉で伝えることで、
本人自身が
「自分はできたんだ」
と認識しやすくなりますね。

達成感を感じたりも
できますので、
おかんはこれを
積極的に使うように
していました。


「○○できてお母さんは嬉しい」

これは
一見いい伝え方に見えますね。

I(アイ)メッセージという、
子育てコーチングでも学ぶ
伝え方をしていますし。

こう言われると、
自分が頑張ることで
お母さんを喜ばせることが
できるんだ。

と気づくし、
それでまた頑張ることが
できたりもします。

でも本当は、
そこは求めては
いけないのだと
おかんは考えるのです。

これだと、
頑張るのは、
自分のためではなく、
お母さんのためになって
しまうからです。

そして
その期待に応えられなくなった時、
自分を責めたり、
もう頑張れない。

心が折れたりしてしまいます。

自分が望む行動をした子に、
「お母さんは嬉しい」と
伝えるのではなく、

あなたが元気に生きていてくれるだけで
お母さんは嬉しい。

あなたと出会えたことが
お母さんは嬉しい。

くらいにとどめておきましょ。


言葉は、
子どもを勇気づけ、
成長させる
大切な道具です。

けれど
きちんとその力を
よくよく考えて使わないと、
子どもを縛ったり、
間違った方向に
伸ばしてしまう危険性を持った
道具なのです。

子どもを自己肯定感を持ち、
自分で考え
自分で行動できる人に
育てていくために、
子育てコーチングとともに、
言葉についても
学んでいきませんか?


今日もまた、
笑って過ごせますように。

今日もお読みくださり
ありがとうございました。

発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »