うちに産まれてありがとう!と心底思っています

今日は、
メルマガの読者さまが
「発達障害のある子を育ててみて感じたこと」
として
書いてくださったものを
シェアしますね。


【育ててみて感じた事】

彼が産まれ、
発達障害を知れたおかげで、
「どんな人にも、
その人なりの背景があるので、
一面だけ見て批判しない心」
をもらいました。

例えば
・めちゃくちゃヒステリックに怒ってるママ。
・スーパーの中で子どもが食べ歩きしていて、
それを注意しない親

息子を産む前や、
0歳くらいまでは
「ありえない。
私なら絶対しない、させない。
非常識!」
とすぐに思っちゃう人でした。

今は、
その子やそのママの日常を知らずに、
表面的な場面だけ見て
判断してはいけないなって
思うようになりました。

もしかしたら
一日中こだわりに付き添って
とうとう爆発しちゃった
ママかもしれない。

子供に注意しちゃうと、
余計に大惨事になって
暴れて迷惑をかけてしまうので、
刺激を与えず外に出してから
言い聞かせようとしてるのかもしれない。

その場で注意するより
あとからパパに言ってもらう方が
その子には効果があるのかもしれない。

試行錯誤している途中、
試行錯誤を重ねてきた結果、
試行錯誤して疲弊している、
試行錯誤に疲れ自分の感情が
コントロールできなくなっている。
感情に振り回され過ぎて、
もはや感情が無く無気力になっている。
「かもしれない。」

全部、お母さんが頑張っている最中や結果の、
ほんの一部分を垣間見た。と言う風に
とらえるようになりました。

なぜなら
上記の試行錯誤してるママは
自分自身だからです。

子も同じく、
ワガママ、パニック、暴言暴力には
そうなる原因が必ずある。と。

問題行動のシーンに出くわしても、
「みんなもがいてる。苦しいよね。頑張ってるよね。」
ってそっと心で思って通り過ぎます。
「ありえなーい」と思ってた私はいなくなりました。

息子がいなければ、
今でも「ありえなーい」
と見下して通り過ぎていたと思います。

恐ろしい事に、35年くらいは
そういう人間でした。
私は昔から、
「いい人」と言われる事が割と多かったし、
「いい人」になりたいと思ってきたのですが、
それこそ表面上の張りぼて。

内面はそういう人間だった事を、
息子と出会って育ててくなかで、
知りました。

ありがちな言葉ですが、
息子から育ててもらっている。
この言葉意外にありません。

うちに産まれてありがとう!
と心底思っています。



このメッセージをいただいて、
おかん、泣きました。

ここまで
いろんな想いを抱えて
子育てしてこられたのだな。
そしてたくさんの学びを
得てこられたのだな。

心から思いました。

私も、
人にはそれぞれ
その人なりの背景があるんだな。

息子たちの子育てを通して
気づくことができました。

普通
なんて
どこにもなくて、
みんなそれぞれで
それでいいんだな。

そう納得できて、
心が楽になって、
自分や子どもが
心地よく生きていくこと

焦点を当てられるように
なりました。

それは
息子からの
大きな贈り物だったと
思っています。

本当に、
息子たちに出会えて
良かったと思っています。

彼らでなくては
私にはダメだったんだ。
とすら
思っているほど。

そして、
こんな風に
たくさんの学びや気づきを
得て、
それを快くシェアしてくださる
素晴らしいお母さんたちに
支えられているんだな。
と、
今回のお願いを通して
改めて気づきました。

日々読んで下さっている、
たくさんのあなたに
感謝しています。


今日もまた、
笑って過ごせますように。

今日もお読みくださり
ありがとうございました。

発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »