ドキリとしました

ここ数日、
読者さまからの
エピソードや想いを
ご紹介させていただきました。

そこからまた
別の読者さまで、
おかんの子育てコーチング講座を
受講してくださった方から
メッセージをいただきました。

ドキリとさせられる
気づきが
そこにはありました。

もしかしたら、
無意識のうちに
同じようなことを
お子さんに求めていらっしゃる
お母さんが
いるかもしれない。

そう思い、
掲載OKをいただきました。


今回のエピソード特集を読んで、
私自身も気づいたことがありました。
それは、
息子の成長は望んではいるけど、
実は、
「自立」を望んでいなかったのです(^_^;)

「このままでいてほしい、
そばにいてほしい、
変わらないでいてほしい」
と心の奥で望んでいたことに、
昨晩、ふと気がつきました。

今までの私は、
気がつくだけで
どうしたら良いか分からなかったのですが、
目標を設定しなおすことが、できました!

「息子の自立を目標にするなら、
今、どうしたらいい?」
を質問することにしました!

これも、
コーチング講座で、私が元気になり、
トライアンドエラーで
チャレンジできたおかげです。

きよみんさん、ありがとうございます。


大きな変化だなぁと
感じました。

本当に自分が
望んでいることと
望んでいなかったことに
気づけた。

それだけでも
すごいことなんです。

でも、
講座を学んでくださった彼女は、
ここからが
また素晴らしかったのです。

ちゃんと「質問」スキルを
自分に使って、
今自分がどうすべきか?を
問いかけていらっしゃいます。

子育てコーチングは、
子どもに対してだけではなく、
自分にも、
子ども以外の
全ての人にも
使えるスキルなんです。

自分に使うことを
セルフコーチングといい、
これができるようになると、
考える力が
アップするので、
自分自身の成長スピードが
加速すると
おかんは考えています。


自分の中にある声に
耳を傾け、
そのまま受け止め、
今何ができるのか、
自分に問いかける。

それができれば、
お子さんに対しても、
同じように
お子さんの気持ちに
しっかり耳を傾けて、
そのまま受け止め、
今何ができると思う?
と問いかけてあげることが
できるようになります。

それが
子どもの成長や自立に
繋がっていくのですから。

子育てコーチングを
お伝えした側として
こんなに嬉しいメッセージをいただけて
おかん感激でした。


そして、
「我が子の成長は
望みながらも、
実は自立することは
望んでいなかった。」

その思い、
あなたの心の中にも
あるかもしれません。

特に、
発達障害などの
特性があったり、
持病を持っていたりすると、
心配から
手を放すことを
無意識に拒んでいる自分が
いるかもしれないのです。

それが
子どもにとって
幸せなことなのかどうか。

もしこの気持ちが
自分の中にもある
と気付いたのであれば、
「今自分はどうしたらいいのか」
を、考えてみてくださいね。

今日もまた、
笑って過ごせますように。

今日もお読みくださり
ありがとうございました。

発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »