子どもの習い事について考える(1)

Pocket

子どもが小学生くらいに
なってくると、
習い事問題が
出てきますね。

まずは
何に行かせるのか。

子どもの興味や
親の期待が出てきて、
下手をすると
収拾がつかないことも
ありますよね。

そして実際に、
通い続けられるかどうか。

お迎えの問題も
ありますし、
子どもと
その習い事先の教室との
相性なども
出てきます。

そして、
通い始めて
出てくるのが、
続けるのか、やめるのか。

結局ここに
一つの正解なんて
ありません。

自分なりに、
自分たち親子なりに、
考え、
結論を出していくしか
ないのです。

ただ、
しっかり考えておいてほしい
ことも
あるので、
今回は、
おかん自身の経験を
振り返りつつ、
そのポイントを
書いていきたいと
思います。


まずは、
何歳から、
何を習わせるのか?

です。

早い方がいいとか、
あれこれ情報が
出ていますよね。

もちろん
習い事にもよりますが、
本人が興味をもって、
やりたいのなら、
何歳からでも
かまわないのだと
思います。

大事なのは、
子どもが興味をもって、
楽しくそこで
過ごせているかどうか。

実際に体験してみて、
ものすごく楽しそうで
やりたがっているのなら、
させてあげる方向に
考えてもいいと
思いますよ。

ただ、
子どもの性格によっても、
一度で楽しくなる子と、
何度も通ってやっと
楽しさがわかる子がいます。

日ごろから
お子さんをしっかり観察して、
何がこの子のために
いいことなのかを
親として判断する力は
つけておいた方が
いいですよね。


その中には、
これを学んでおけば、
将来役に立つ。
という
親の想いも
あるかもしれません。

その想いから行動することを
否定はしません。

それも一つの
大事な理由だからです。

なので、
そこをしっかりと掘り下げて、
考えてみてくださいね。

なぜそれが役に立つと
自分は思うのか。
そこをお子さんに
きちんと言葉で
説明できるのなら
OKですよね。

間違っても、
〇〇ちゃんが行ってるから。
と言う理由で、
我が子を通わせたりは
しないこと。

あるいは、
これができたら
かっこいいとか。

それはただの
親のエゴや見栄ですからね。


お子さん自身が、
「〇〇ちゃんも行ってるから
自分も行きたい」
と言ってきたときは、
「どうして
〇〇ちゃんと同じ習い事に
行きたいのか?」

しっかり聴いてあげて、
否定せずに
認めてあげてくださいね。

「そんなんじゃ
理由にならない」
とかは、
言わないでください。

よそはよそ、
うちはうち。

ではありますが、
周りと同じ行動を
したい子どもの気持ちも
汲んでみる心の余裕が
あってもいいと
おかんは考えています。

性格的に、
そのほうが安心できて、
頑張れる子も
いますからね。

どんな答えでも、
子どもが一所懸命考えて
出した答えなら
それでOKなのですから。

大事なのは、
自分で自分に、
「なぜ行きたいのか?」
を問いかけて
答えを出す習慣。


なので、
何も理由を聞かずに、
「〇〇ちゃんが行ってるから
自分も行きたい」
だけで
OKを出すのは、
注意が必要です。

そこでOKを出すのは、
子どもの言うことを
チェックもせずに
ただ聞くだけの親
だということです。

それは
物わかりのいい親ではなく、
子どものやることに
興味関心を持っていないか、
子どもの言いなりになっている
主体性のない親ですからね。

子どもにとって
本当の意味で
いい親ではないのです。


子どもの言うがままに、
なんでも聞いてあげるのが
いい親ではありません。

そう思う理由は何か?
なぜそれが好きなのか?
なぜ〇〇ちゃんと一緒に
行きたいのか?

しっかり掘り下げて
質問をして、
子どもの想いを引き出し、
言葉にしていくことができる親に
私たちはなる必要が
ありますし、
それを言葉で
説明できる力を
子どもに持たせていく子育てを
いつどんな時でも
意識してやっていく必要があると
いうことです。


それは
理屈っぽいと、
批判されることでは
ありません。

自分の気持ち、
自分の意見を
きちんと
相手に伝わる言葉で、
話せる人になること。

そしてそこに、
時には相手への
思いやりも
込められる人になること。

それが本当の
コミュニケーションだし、
親がまず
手本として
その姿を見せていき、
対話を通して
それを子どもに
伝えていくことが
大事なのだと
いうことです。


・なぜ行かせたいのか?を考える
・なぜ行きたいのか?をしっかり聴く
・親子の対話を通してお互いに考え、話し合う


習い事だけでは
ありませんが、
ここをしっかりと
押さえて考えてみてくださいね。


今日もまた
笑って過ごしましょ。

今日もお読みくださり
ありがとうございます。


★子どもが幸せに生きる力を育てる
「子育てコミュニケーション心理学体験講座」

詳細はこちら

★「子育てコーチング講座」

詳細はこちら

1day講座

https://resast.jp/inquiry/59090

連続講座

https://resast.jp/inquiry/58273

受講のための
無料相談会も
開催しています。

こちらからお申込みください。

https://resast.jp/inquiry/57167

★「方眼ノート1dayベーシック講座」

詳細とお申込みはこちら

https://resast.jp/inquiry/58022

どちらも
メルマガ登録後に
お申込みいただくと、
優待価格で
ご受講いただけます。

メルマガ登録はこちら

https://resast.jp/subscribe/150664/1584272

メルマガに登録して
ご感想やメッセージをくださった方に、
100の声かけ事例集を
プレゼントしています!

★「方眼ノートfor KIDS 体験説明会」

詳細とお申込みはこちら

https://resast.jp/inquiry/58275


« »