子どものデビューはいつだって不安

Pocket

昨日の昼間
突然次男から
連絡があり、
「明日車を貸してほしい」
と言ってきました。

そして、
「しばらく乗っていないので、
今日運転させてほしい」
とも。

ほんの少しの間、
おかんは葛藤しました。

免許を取って
もうすぐ1年。

その間、
運転したのは数えるほど。

まだ一度も、
おかんなしで
運転したことはない次男。

でも、
このままでは
車に乗ることがなくなって
ペーパーになる可能性だってある。

心配だけど、
乗る機会をつくっていかないと、
自分で経験していかないと、
車を運転する力は
ついていかない。


わかっているんです。

わかっているけど、
ニュースで
若者の交通事故を
見聞きしているから、
つい心配になって
しまうのです。

そんなこと
言っていたら、
いつまでたっても
任せられない。

結局、
「どうぞ」

一日自動車保険を
必ずかけることを条件に
OKを出し、
夕方次男に
会ってきました。

腹を括るって
こういう時だ。


一人で外出から始まり、
自転車デビューするときも、
バイクデビューするときも、
やっぱりものすごく
心配でした。

たくさん心配しながら、
それでも、
この子にとって
プラスになるのはどっち?

自分に問いかけて、
心を決めてきたのです。

そして今回も。

悩んでいるときに、
そのおかんの背中を
押してくれるような情報も
入ってきました。


バイクに普段乗っているから、
いきなり経験なしで
車で走るよりは、
ずっとまし。

って。

確かにそう。

すでにバイクで
走り回っていますからね。

ある程度、
交通状況に対する
知識と経験は
あるはず。

しかも次男、
速度を出すドライバーに対して
とても厳しくて、
バイクでも車でも、
きっちり制限速度を
守る男。

たまにおかんの方が、
もうちょいスピード出した方が・・・
って
感じてしまうほど(笑)。

高校生の時、
彼がバイクで走っているのを
見かけたことが
あるのだけれど、
ビューン
というより、
テコテコテコ
というイメージだったわ。


その情報と記憶を胸に、
次男の運転する車に
乗り込みます。

最初のスタート時に、
「何からすればよかったっけ?」
「アクセルどっちやっけ?」

おかんを不安のどん底に
突き落とすような
発言をした次男ですが、
それでも、
すぐにカンは戻り、
安全運転でおかんを自宅まで
送り届け、
彼はそのまま
車で戻っていきました。

しばらくして
「ちゃんと着いたよ」
って連絡してくれたし、
あとは安全を信じて
一日祈っておくしかない。


自転車のときも
バイクのときも
そうだったけど、
どれだけ不安でも、
その不安で
子どもを縛り付けておくことは
できません。

どんなに手を打っても、
安心なんて
できないけれど、
それでも、
不安と未来を天秤にかけて、
未来をとる方向で
動くんだろうな。

そして、
少しでも
安心するために、
その時できることを
全力でするんだろうな。

そう感じています。


ところで。

この状況下で次男に合うことにも、
もちろんものすごい不安が
ありました。

本当なら
会わないのが
ベストの選択だとは
わかっていたのですが、
今回どうしても、
車がないと困るという状況で、
考えられる限りの対策をして、
会うことに。

お子さんの
感染予防に対する不安を
日ごろから感じていらっしゃる方も
多いと思います。

親と子の温度差。

次男を見ていても
やっぱりそうでした。

そんな時親は
どうすればいいのか。

明日はそのあたりを
書いていきますね。


今日もまた
笑って過ごしましょ。

今日もお読みくださり
ありがとうございます。


★子どもが幸せに生きる力を育てる
「子育てコミュニケーション心理学体験講座」

詳細はこちら

★「子育てコーチング講座」

詳細はこちら

1day講座

https://resast.jp/inquiry/59090

連続講座

https://resast.jp/inquiry/58273

受講のための
無料相談会も
開催しています。

こちらからお申込みください。

https://resast.jp/inquiry/57167


★「方眼ノート1dayベーシック講座」

詳細とお申込みはこちら

https://resast.jp/inquiry/58022

どちらも
メルマガ登録後に
お申込みいただくと、
優待価格で
ご受講いただけます。

メルマガ登録はこちら

https://resast.jp/subscribe/150664/1584272

メルマガに登録して
ご感想やメッセージをくださった方に、
100の声かけ事例集を
プレゼントしています!


★「方眼ノートfor KIDS 体験説明会」

詳細とお申込みはこちら

https://resast.jp/inquiry/58275


« »