褒められて伸びるおかん

Pocket

息子たちは
当たり前だけど、
おかんのことが
いつも大好きで
いてくれました。

少々荒っぽい子育てに
なっていた時期もあったけど、
それでもやっぱり
お母さんって
特別なんだな。
って
思います。

ありがたいことに。


そして彼らは、
その
お母さん大好き!を
いろんな場面で、
いろんな言葉や方法で
伝えてくれているのですよね。

それに気づけるように
なって、
そのまま受け取れるように
なってからは、
おかんをやっているのが
嬉しくなりました。

だって本当に、
かわいいんだもん。


子どもたちって
実は褒めの天才かも。
って思います。

何も考えずに、
そのままストレートに
感じたままに
褒めてくれるから。


昔々。

まだ彼らが小学生で、
毎日お弁当が
必要ではなかったころ。

たまに遠足とかで、
お弁当を作ることがあると、
帰ってきた後に、
感想をきくことがありました。

「今日のお弁当、
何が一番おいしかった?」


やっぱりね、
次もまた
喜んでもらえるお弁当を
作りたくて、
きいてしまうんですよ。

で、
彼らから返ってくるのは、

「卵焼き!」

うん、これは定番だね。

これをラインナップから
外すことは考えられない。

おかんが知りたいのは、
それ以外の
準レギュラーとか、
特別なやつさ。

で、おかんは
そこからまたきく。

「ほかには?」

「えーっとね、〇〇!」


ここからをきくと、
だいたいもやっとしてしまう。

なぜなら彼らは、
ほぼ100%
おかんが作ったおかずではなく、
隙間を埋めるために入れた、
冷凍食品を
答えてくれるから。

なんでそこ・・・

結構長い間、
引っかかってました(苦笑)。


けれど、
何年もたって、
そのもやっとは
解消されていきました。

だって、
そもそも彼らは、
おかんがお弁当に入れたものは、
ほぼ「おいしい」
なのだから。

たまに作る
我が子の弁当に、
子どもが好きかどうか
微妙なものって、
あんまり入れなくないですか?

だとしたら、
それが
手作りだろうが、
冷食だろうが、
子どもにとっては、
お母さんが作ってくれた
お弁当であり、
おかずであり、
結果、「おいしい!」
なのだということ。

最初のうちは、
冷食=手抜き
とかいう、
謎の思い込みに影響されて、
それを喜ぶ我が子を見て、
プチ罪悪感とかを
感じてたんだろうな。

そして、
よりによって
そこを選んでくる
彼らに、
もやっとしてたんだろうな。

「作ってねーし」

って。


でも、
おかんが作って渡したお弁当なら、
なんでもOKなのだと
わかってからは、
それで十分嬉しくなりました。

そして、
中学校に入学し、
お弁当生活が始まってからは、
迷いなく
冷食弁当に。

全然問題なかったし。

彼らの喜ぶ冷食を
探してみるのが
楽しかったし。

夏場は保冷剤替わりで、
お役立ちだったし。


勝手にもやもや
する必要なんて
なかったわ。

子どもからの誉め言葉って

・裏は読まなくていい
→そもそも子どもは裏なんて考えてないからね!

・素直にいただく
→いただくことに抵抗があるのなら、
 自分自身の価値や自己肯定について、
 考えた方がいいと思う。

・自分も勇気をもって伝えよう
→結局会話も誉め言葉も、
 どちらかからの一方通行なんて
 嬉しくないよね。
 もらって、あげて
 の繰り返しにしたいのです。

そうやって、
親子で気持ちのいい関係性を
築いていきません?


今日もまた
笑って過ごしましょ。

今日もお読みくださり
ありがとうございます。

★先着20名様限定!
自分と家族の気質を知って
生きづらさを解消し、
子育てを楽にしていきませんか?
特別価格でアドバイスが受けられるのは、
今だけ!!

★子どもが幸せに生きる力を育てる
「子育てコミュニケーション心理学体験講座」

詳細はこちら

★「子育てコーチング講座」

詳細はこちら

1day講座

https://resast.jp/inquiry/59090

連続講座

https://resast.jp/inquiry/58273

受講のための
無料相談会も
開催しています。

こちらからお申込みください。

https://resast.jp/inquiry/57167


★「方眼ノート1dayベーシック講座」

詳細とお申込みはこちら

https://resast.jp/inquiry/58022

どちらも
メルマガ登録後に
お申込みいただくと、
優待価格で
ご受講いただけます。

メルマガ登録はこちら

https://resast.jp/subscribe/150664/1584272

メルマガに登録して
ご感想やメッセージをくださった方に、
100の声かけ事例集を
プレゼントしています!


★「方眼ノートfor KIDS 体験説明会」

詳細とお申込みはこちら

https://resast.jp/inquiry/58275


a

« »