親子関係

本音で向き合える親子関係を手に入れたいなら

大学の合格が決まって、 1か月。 中間テストも終わり、 もはや 学校に行く意味を 見失いかけている、次男(苦笑)。 朝からおかんに向かって、 「やる気出ないわぁ。」 と言ってきます。 とはいえ、 ちゃんと起きて、 学校に… [続きを読む]

子どもに期待してる?してない?

あなたはお子さんにどんな期待をかけて子育てしていますか? その期待、お子さんにとってプラスになっていますか? 子どもへの期待って、しすぎるとよくないし、しないということは、子どもに対する興味関心すら失ってしまうような気が… [続きを読む]

それで子どもは楽しい?

お子さんが学校から帰ってきたら「今日どうだった?」「どんなことがあったの?」と聞くおうちは多いと思います。 その目的は、親が知らない学校での様子を本人からきくこと。というのが圧倒的に多いのではないでしょうか。 知らない間… [続きを読む]

いい子は幸せ?

親からすれば、手のかからない言うことをよく聞く子は、楽です。 私たち親は、どうしても我が子にそれを求めがち。 でも、子どもからすれば、自分の気持ちに蓋をして親の意向に沿うのは、幸せなことだと思いますか? 世間の常識に無理… [続きを読む]

もう無理、もう嫌。でも「可哀そうな人」にはなりたくない。

生きていればね「もう無理だ」「もう嫌だ」「しんどい」「辛い」って思うことも、色々あるわけです。 そこまで深刻ではなくても、結構そういう気持ちになることってあったりします。 そんな時は、それを一人で抱えて、我慢する必要はな… [続きを読む]

なぜそれをするの?

子育てコーチングのスキルのうち、聴くと認めるはとても大切な基本です。 これができて、継続していけると、親子の信頼関係も築きやすいのです。 他にもたくさんの効果があります。 この聴くと認める、簡単そうに見えて実は奥が深くて… [続きを読む]

サポートと依存

今日も続きです。 子育てコーチングの対話の主体は子ども。つまり、コーチングを使った対話での主役は子どもだということをおとといは書きました。 そして昨日は、子どもを主体とした対話を続けていても、こどもがわがままになるわけで… [続きを読む]

笑顔で過ごしたい

あなたは普段から、笑顔でいることが多いですか? 子どもたちは、お母さんが笑顔だと、まずそれで安心できると思うのですよね。 そして、顔が笑顔になれたら、思考もおのずと前向きになれるのです。 心配事を抱えていても、「まあいっ… [続きを読む]

あなたはダメじゃない

子どもへの接し方がうまくいかなくて、私ってダメなんだ。 と結論を出してしまうのはまだ早いです。 子どもが発達障害と診断され、苦手なことやできないことが色々あって、この先ちゃんとやっていけないかもしれない。 なんて、結論を… [続きを読む]

子どもがやってはいけないことをします

子どもがやってはいけないことをするが、どう接したらいいのか? できれば手を出したくはないが、他に方法がわからない。 こういうお悩み、時々出てきます。 特に、発達障害の特性で、行動や感情をコントロールするのが難しいときは、… [続きを読む]

親子関係を変えるのは、いつからでも遅くはない

昨日、先輩ママから素晴らしいメッセージをいただきました。 お子さんとの関係性がうまくいかず、もう無理なのでは。と思い始めていらっしゃったり、うちの子はもう〇〇歳、今から親子関係を変えていくことってできるんだろうか?と思っ… [続きを読む]

子育てに魔法はありません

子育てって、すべてにおいて積み重ねだとおかんは考えています。 それまでできなかったことができるようになるのは、出来ないうちからできる前提で時間を積み重ねてきたから。 赤ちゃんは、まだ何もわからないうちから話しかけられ、そ… [続きを読む]

わたしの自己肯定

自己肯定ができている人って、どんな人だと思いますか? おかんは、現実の、今のそのままの自分を冷静に見ることができる人だと考えています。 今の自分をここがダメだ。とダメ評価するのではなく、かといって、私はこんなにできるんだ… [続きを読む]

応援しますという、パワーを引き出す言葉を届けたい

先日あるお仕事の依頼をいただき、お引き受けしました。 詳しくは、また詳細がわかり次第、改めてお知らせしますね! そのお仕事が動き出した、ちょうどそのころ、実家の母とLINEでやり取りすることがあり、その仕事のことを報告し… [続きを読む]

段取りおばけ

現在息子たちは絶賛夏休み中。 2人ともバイトに励んでおります。 先日用事で会ったら、夏休みが10日ほど伸びたと次男が言ってました。 本当に今年の大学の状況は、彼らにとってはちょっと残酷な気がします。 20代は感染者の割合… [続きを読む]

我が家の鍵問題~過去編~

長男が小学校に入学して、初めて家の鍵を持たせた日から我が家の鍵問題は始まりました。 どう工夫して持たせても、結局失くしてしまうというあんまり嬉しくない特技を持っていたため、バトルも数え切れずやりました。 強力磁石を使って… [続きを読む]

我が家の鍵問題~いまのおはなし~

昨日の続きです。 長男が時々実家の鍵を持たずに帰ってくると書きましたよね。 そして土曜日の早朝です。 次男が朝早くからやってきた話は少し前にメルマガでも書いてました。 バーベキューセットを取りに来た次男が、なぜわざわざイ… [続きを読む]

子どものチャレンジを応援できる親になりたい

親として、おかんはいつも、息子たちのチャレンジを応援できる親になりたいと思っています。 彼らには、積極的に考え、行動し、新たな世界を拓いていく人になってほしいのです。 けれど、チャレンジにはいつも不安がついてきます。 う… [続きを読む]

辛い気持ちの吐き出しかた

子育てのしんどさをたくさん抱えているとき、気持ちを軽くする方法の一つが誰かに話すこと。 有料、無料のカウンセリングから、お友達とのおしゃべり、家族への相談まで、自分の中から出せる場所を複数持つことは大切です。 ただ、気を… [続きを読む]

子どもが、自分で決めたことをやりません

こんにちは!ハンサムおかん☆きよみんです。 子育てコーチングでは、子どものことは子どもに決めてもらいます。 あなたはどうしたいの? ということですね。 すると、そうやって本人に決めさせたのに、行動しない。 というご相談を… [続きを読む]

なりたい親の姿も、やるべきことも、見えてきました

先日、子育てコーチング講座を終えられた方からご感想をいただきました。 ご本人のOKをいただきましたので、ご紹介させていただきますね。 4月からの5ヶ月間、コーチング講座、ありがとうございました(^^) 私が、コーチングを… [続きを読む]

子どもが暴力的な内容の動画を一日中見ています

メルマガの読者さまからご相談をいただきました。 同じことで悩んでいらっしゃるおうちもあるかもしれない。と、公開OKにしてくださいましたので、ご紹介いたしますね。 息子は今年、1年生となりましたが不登校で、ひきこもりです。… [続きを読む]

優しいお母さん、いいお母さん

昨日のブログを書いていて、思ったことを書きます。 子どもに優しいお母さん。 それは、子どもと仲良しだったり、子どもの意見をそのままきいてあげることではないと思うのです。 本当の優しさは、厳しさでもあると思うからです。 だ… [続きを読む]

「気づき」があると前を向くことができるのだ!

先日いただいたご相談のその後です。 その前の日に掲載した、子育てコーチング講座のご感想をくださったAさまより、ご自身が実践された内容のアドバイスをいただきました。 同じご経験をされていただけに、よりご相談をくださったBさ… [続きを読む]

目先の不安でガチガチになっていたことに気づきました

先日いただいたご相談のその後を書いています。 子育てコーチング講座のご感想をくださったAさまからのアドバイスをご相談くださったBさまに送ったら、色々と気づきを得られ、前向きになっていただくことができました。 そして私から… [続きを読む]

やらなきゃいけない

毎日朝から晩まで「やらなきゃいけないこと」に追われていませんか? もう時間だから起きなきゃいけない。 朝ごはんの支度しなきゃいけない。 子どもを起こさなきゃいけない。 この調子で、掃除も洗濯も、買い物も、全ての家事や用事… [続きを読む]

あったことと、感じたこと

子どものトラブルもそうですし、今現在自分が抱えている問題や悩み事でもそうなのですが、うまく解決できない原因の一つに、事実と自分自身の感情がごっちゃになってしまっている。 ということがあります。 物事をとらえ、理解し、解決… [続きを読む]

親子関係は変えられる

おかんと長男との関係性は、その時々で変わってきました。 小さい頃はただただかわいくて、大切に育てました。 過敏さがちょっと気にはなっていたけれど、おかんの心にはまだ余裕があったのでしょう。 それほど問題にはなっていなかっ… [続きを読む]

こどものこと、誤解していませんか?

メルマガの読者さまからいただいた、発達障害を持つ子どものエピソードをご紹介します。 子どもの行動も、育てる親のやり方も、10組いれば10通りあって当たり前です。 こうしなければいけないのだ。ではなく、こういうやり方、こう… [続きを読む]

大学生が可哀そう

昨日書いていたように、本人のことを自分の先入観や思い込みで見てしまうと、真実と違うものが見えてきます。 そして、自分が勝手に張ったラベルで、その人のことをずっと判断してしまうことにつながりかねません。 それを、発達障害の… [続きを読む]

じっとしていられない子ども

今日も、メルマガの読者さまからいただいた、発達障害を持つ子どものエピソードをご紹介します。 子どもの行動も、育てる親のやり方も、10組いれば10通りあって当たり前です。 こうしなければいけないのだ。ではなく、こういうやり… [続きを読む]

子どもから親への暴力について

今日も、メルマガの読者さまからいただいた、発達障害を持つ子どものエピソードをご紹介します。 子どもの行動も、育てる親のやり方も、10組いれば10通りあって当たり前です。 こうしなければいけないのだ。ではなく、こういうやり… [続きを読む]

育て方、接し方は一つじゃない

今日も、メルマガの読者さまからいただいた、発達障害を持つ子どものエピソードをご紹介します。 子どもの行動も、育てる親のやり方も、10組いれば10通りあって当たり前です。 こうしなければいけないのだ。ではなく、こういうやり… [続きを読む]

育てたように、子は育つ?

子育て中のお母さん、特に、お子さんが発達障害と診断されていたり、その可能性があると思われるお子さんのお母さんは、どうしても、子どもの今の状況や言動について、「自分の育て方が悪かったのではないか?」と考えてしまいがち。 確… [続きを読む]

「個性」って言葉が死語になってほしい

今日は、メルマガの読者さまが「周囲や社会に望むこと」として書いてくださったものをシェアしますね。 【周囲や社会に望むこと】 選択制教育が一般的になるといいなあ。と常々思っています。 国は義務教育の為に多大な予算を組んで、… [続きを読む]

うちに産まれてありがとう!と心底思っています

今日は、メルマガの読者さまが「発達障害のある子を育ててみて感じたこと」として書いてくださったものをシェアしますね。 【育ててみて感じた事】 彼が産まれ、発達障害を知れたおかげで、「どんな人にも、その人なりの背景があるので… [続きを読む]

子どもは本人のペースで成長する

今日は、メルマガ読者さまからいただいた、「育ててみて感じたこと」を、シェアしますね。 ・育ててみて感じたこと 子供については、その時々で悩みは変わりますが、本人のペースで成長はする、ということは実感しています。 自分自身… [続きを読む]

あなたはひとりじゃないし、SOSは出していい。

昨日、おかんのメルマガを受けて、メッセージをくださった読者さまがいらっしゃいました。 そこから昨日はいろいろとやり取りをさせていただいたのですが、その内容は、今、子育てで大きな悩みを抱えて鬱状態になっていらっしゃるお母さ… [続きを読む]

あなたはひとりじゃないし、SOSは出していい。~後編~

昨日の続きです。 Cさま他の人へのお知らせいいですよ私のLINE、全てお任せします おかんありがとうございます! なんだか、自分のことを言い当てられているみたいです。自覚して、気をつけていこうと思いました。動ける時は、力… [続きを読む]

発達障害の人が見ている世界

今日は、メルマガ読者さまからいただいた「発達障害の人の世界と年齢に合わせた子育て、親の注意点」を、シェアします。 子どもの行動も、育てる親のやり方も、10組いれば10通りあって当たり前です。 こうしなければいけないのだ。… [続きを読む]

あきらめないで

発達障害を持つ子どもの子育ては、自分が考えていた子育ての現実とは、異なることの連続で、理解できないことや、納得できないことがたくさんあると思います。 うまくいかず、自信をなくし、子育てをあきらめかけてしまうこともあるかも… [続きを読む]

ドキリとしました

ここ数日、読者さまからのエピソードや想いをご紹介させていただきました。 そこからまた別の読者さまで、おかんの子育てコーチング講座を受講してくださった方からメッセージをいただきました。 ドキリとさせられる気づきがそこにはあ… [続きを読む]

答えはいくつもあるのが正解

昔、まだコーチングに出会う前。 おかんはたいがいのことに、「こうでなければ」とかたくなに答えを限定して思い込んでいました。 自分のことに対しても、子どものことに対しても。 「こうでなければ」いけないので、そうではないこと… [続きを読む]

子育てをあきらめてほしくない

昨日原稿を書いていて、思い出したことがあります。 それは、コーチングを学んでからのこと。 当たり前ですが、学んだからと言って、子育てがすぐに劇的に変わったわけではありません。 それどころか、しばらくは全く状況は変わらず、… [続きを読む]

なりたい親子の姿は見えましたか?

昨日書いていたことの続きです。 子育てをあきらめないために、なりたい親子の姿をイメージし、絶対にそれを実現する。という気持ちで子どもと向き合いました。 目指す先が具体的に見えていると、人は頑張りやすいのです。 逆に、漠然… [続きを読む]

夢は叶えなきゃいけないもの?

子育てコーチングの実践というと、子どもの話を否定せずに聴いて、子どものことを認めて、子どものために質問をする。 そして、子どもの中に答えがあるという前提で子どもに接し、いつも子どもの味方でいられるようにし、子どもの無限の… [続きを読む]

子育てコーチングを学ぶということ

これまでにも何度か書いていると思いますが、子育てコーチングを実際に使うための、心構えについて書きますね。 子育てコーチングとは、コーチングのスキルを使ったお子さんへの接し方。 内容は、通常のコーチングとほとんど変わらない… [続きを読む]

発達障害の子どもと子育てコーチング

子育てコーチングは、すべての子どもに使えるスキルです。 使えば、子どもを、自分で考え、自分で行動できる子に育てていくことができます。 また、子どものあるがままを認めるので、自分で自分を認める、自己肯定感を持つ子に育てるこ… [続きを読む]

もう責めなくていいんですよ

おかんが目指す、子育ての姿のもうひとつは、自分も子どもも責めない子育て。 子育てがうまくいってない時、人はその理由を探します。 でないと、うまくいってない事の説明がつかないからかもしれません。 そして、そんな時に出てくる… [続きを読む]

たまにはSOSがあってもいい

昨日の午後、突然長男から電話がかかってきました。 何かあったのかな?と思って出ると、「ガスコンロの掃除をしたら、火がつかなくなった」とのこと。 どうやら、点火する部分を濡らしてしまったもよう。 これは、おかんも以前やった… [続きを読む]

私はそんなことしないけど(たぶん)

昨日の夜は、次男から連絡がありました。 後期、買い忘れていた教科書をメルカリで買ったんですって。 で、その代金が、携帯代と一緒におかんに請求くるからよろしく。だって。 今更ながらに、そうか、その手があったか。って気づきま… [続きを読む]

子育てに子育てコーチングを使う意味

子どもへの接し方を決める基準は、どうすれば子どもが、安心できるか。 そして、どうすれば、子どもが自分で考えて行動できるか。 それと、子どもはどうしたいと考えているのか。 子どもへのことですから、子ども主体で考えるほうがい… [続きを読む]

あなたは私の宝物だから

子どものことを心配するのも、子どもに怒るのも、子どものやってることに口出ししたくなるのも、子どものことを思えばこそ。 ってこと、ありますよね。 子どもの人生だし、子どもを尊重したいし、極力コントロールはしないようにしてい… [続きを読む]

気持ちは後からついてくるし、ついてこなくても構わない

家事などで、今日はやりたくないなぁ。めんどくさいなぁ。と思う日があります。 そんな日、「今日はやらなくていい」と、自分に許可を出すことも、ありますが、どうしてもやらなきゃいけない日もありますよね。 そんな日は、「やりたく… [続きを読む]

自分で自分を褒めてる?

気持ちに余裕がなくなってくると、つい忘れてしまうけれど、自分を褒めるって大事なんですよ。 あなたは最近どんなことで自分を褒めましたか? 褒めるって実はそんなに大げさなことではありません。 おかんは、「認める」に近い感じで… [続きを読む]

子どもを追い詰めていませんか?

子どもの言葉が嘘だと感じる時ってありますよね、結構な確率で。 そんなとき、あなたはどう接していますか? 嘘だということを指摘し、嘘はついてはいけないと説明し、とことん追い詰めていませんか? がっつり怒ってもう二度と嘘はつ… [続きを読む]

子育てをどっちから見るかは、自分が決める

水曜の午後は、授業がない次男。 どうやらお天気もいいし、USJへ行こうと思い立ったみたいです。 で、火曜日の夜中、おかんが確実に眠った後に、電話がかかってきます。 「オレの部屋にある、サメの被り物、明日持ってきてほしいね… [続きを読む]

子どもの信じかた

子どもを追い詰めない、子どもに関わりすぎない、ということを書いてきました。 そうすると、「どうしても子どものことが心配で。」 「子どもに任せると、なにかしでかすのではないかと思ってしまって。」 という、お母さんたちの気持… [続きを読む]

子どもに変わってほしければ

子どもを親の思い通りに変えることはできません。 どれだけ叱っても、どれだけ注意しても、親が満足するような変化を起こすことはできないし、変えようとはしない方がいいのです。 では、もうこのまま放っておくしかないのだろうか? … [続きを読む]

いつかきっとできるようになる

昨日長男が、自分で手続きをしたマイナンバーカードを受け取りに戻ってきました。 大学に入学し、1人暮らしを始めた直後は、保険証やらマイナンバー通知カードやら、家の鍵やら、本当にびっくりするくらいいろんなものを失くし、その度… [続きを読む]

聴かなきゃはじまらない

子育てって、「聴く」ことだと思うのですよ。 「聴く」に始まり、「聴く」に終わる。 コーチングを学んでからは、まさにそんな感覚で、息子たちと接していました。 子どもの言葉を、最後まできちんと聴く。 これを続けることで、少し… [続きを読む]

ブレない親になる

よく「ブレない親になるにはどうしたらいいですか?」って訊かれます。 その時その時で、お返事はさせていただいてましたが、昨日本を読んでいて、気づいたことがありました。 それは、なりたい姿を一つに絞ってリアルにイメージするこ… [続きを読む]

「できたね」と「できなかったね」

子どものやる気をうまく引き出せなかったり、親子の信頼関係をうまく築けなかったりする原因の一つとして考えられる接し方があります。 それは、親の想像を超えるいい結果が出たときに、「すごいね!」「頑張ったね!」と褒めちぎり、想… [続きを読む]

トラブルは、いつもあるもの

ちょっと昨日から、次男のことでまたごたごたしております。 子育てをしていると、子どものトラブルに巻き込まれ、ヘトヘトになって、もうこんなの嫌だ。って思うことが何度もあります。 おかんだってそんなこと、日常茶飯事くらいにあ… [続きを読む]

子どものことで迷ったら、あなたはどうしていますか?

この子に対して、どうしてあげればいいのだろうか? と、自分の接し方に迷うことってありますよね。 そんな時、どうしていますか? ・子どもにとって良かれと思う方を選ぶ・専門家に相談する・ほかのママに訊く たくさんの人が、こう… [続きを読む]

早くしなさい!は伝わらない?

今日からまた一週間が始まります。 平日の朝は、時間との闘いですよね。 今は毎日穏やかな我が家ですが、長男が保育園に入園してから次男が高校を卒業するまで、いかにスムーズに朝起こしてご飯を食べさせて、身支度を整えて間に合うよ… [続きを読む]

何度言えばわかるの?って言われても・・・

昨日の「早くしなさい」と同率一位くらいにお母さんが子どもに言ってしまう、「何度言えばわかるの?」 ってことは、子どもって基本、何度も言わないとわからないし、それは別に我が家が特別ひどいのではないのかもしれない。ってことで… [続きを読む]

子どもをコントロールすること

子どもが小さいうちは、言うことも聞いてくれて、素直で可愛かったりすると、ついいつまでもこの子は私の言うことを聞いてくれるんだ。って勘違いしてしまいがちです。 残念ながら、子どもが自分の意思を持ち、その意思が親と違う方向に… [続きを読む]

「これまで」と「これから」

子どものことを見るとき、つい私たちは、これまでのことを思い出し、その情報をベースに判断してしまいがち。 昔のおかんは、それだけで息子たちを判断していました。 残念ながら、その当時は、それがどういうことか、子どもがどんな気… [続きを読む]

おかんが「調子はどう?」と息子に送る理由

コロナ陽性となった次男のこれまでを別ブログに書いていました。 https://ameblo.jp/love-and-hug-kiyomin/entry-12636241927.html ホテルに入ってから、次男には、毎日… [続きを読む]

子どもを信じて見守る親になる

「子どもを信じて見守ることができない。」 これ、たくさんお聞きします。 お母さんたちの気持ちの奥にあるのは、「信じても本当に大丈夫?」という、不安な気持ち。 だっていつも、言うことを聞かないし、何度言っても同じことを繰り… [続きを読む]

失敗したら、おめでとう?

子どもが何をやらせても失敗ばかりして、どうもうまくいかない。 そんなときあなたは、どう接していますか? イライラして、「もう何度も言ってるでしょ!」って怒っています? 「この子は失敗ばかりしていて、この先が不安」ってため… [続きを読む]

食べられる?

子どもに対して、どうしたらいいのかあれこれ悩んだり、後から、こんなことでいちいち言わなくてもよかったな。と思ったり。 子育てをシンプルに考えるのが難しくなるのは、自分の中に基準がいくつもあって、どれも満たそうとするからな… [続きを読む]

今日はサボろう

やることがたくさんあって、とても忙しい時は、そのうちの一つか二つ、サボってみるのもいいかもしれません。 そしたら気持ちも体も、少し楽になります。 その状態が当たり前になり、放置してしまうほどになるのは、そもそもの毎日のス… [続きを読む]

子どもの集中力、どう育てる?

「うちの子、集中力がなくて、宿題ひとつ取り組ませるのが大変で・・・。」 あるあるですよね~。 そういうわが子も、小学生時代はもれなくそんな子でした(苦笑)。 次男なんて、中学生くらいまでそれに近い状態をよく見ていましたよ… [続きを読む]

子どもの未来を閉ざす言葉、ひらく言葉

昨日、集中力について書いていた中で、子どもへの声かけについても少し書きました。 「姿勢が悪いと、集中力がつかないらしいよ。」 「姿勢を良くしようと意識すると、集中力もアップするんだって。」 同じことを伝えるにしても、言葉… [続きを読む]

ポジティブな人になりたい?

ポジティブだね。と言われることがよくあります。 そうなりたいと言われることもありますが、おかん自身は、ポジティブがよくて、ネガティブが悪い。とは思っていません。 昔からネガティブな自分がいるのはずっと認識もしています。 … [続きを読む]

子育ての問題を自分で解決できるようになるには?

おかんが今、考えていること。 それは、お母さんたちが、最終的に自分で自分の悩み事や、子育ての問題を自分の力で考えて解決できるようになってもらうこと。 だって、一生おかんとか、誰かのサポートを受け続けるわけにもいかないです… [続きを読む]

子どもファーストになっていますか?

子どもにあれをさせたい。これをさせたい。こんな風になってほしい。 それ、親目線だけで考えていませんか? 子どもが小さいうちは、それでも素直に聞いてくれるかもしれませんが、子どもの中に、「自分の意思」が育ってくると、どんど… [続きを読む]

エモい子育て

今もそうですが、息子たちの前では、とても感情豊かなおかんでいることを心がけています。 嬉しい時は大喜びし、楽しい時は、テンション爆上げ。 たまには彼らにウザがられることもありますが(笑)、それでも素直な感情表現を心がけて… [続きを読む]

なぜお母さんは我が子に「この子には無理」だと決めつけるのか?

こんにちは!ハンサムおかん☆きよみんです。 自分が勝手に持っている「無理だ」という思い込みって、なくすのはそう簡単ではないけれど、変えられないとは思っていません。 そして、自分の思い込みに気づいて変えていくとどうなるか。… [続きを読む]

次男に再会できました!

先日の日曜日に、濃厚接触者となる1週間前に会ってから1か月間、会えずにいた次男と会ってきました。 久しぶりの再会は、感動的なものになるのかと思っていたのですが、以外にもあっさり(苦笑)。 マンションの外に止めた車の中で会… [続きを読む]

発達障害の子どもを育てるために大切なこと

我が子が発達障害と診断されたけれど、そのことが受け入れられない。 発達障害と診断された我が子の将来が不安でたまらない。 もしかしてこの子は、発達障害なのではないかと心配。 発達障害と分かったけれど、どう育ててあげたらいい… [続きを読む]

できる人とできない人の違いはなに?

こんにちは!ハンサムおかん☆きよみんです。 何かを学んで、それが実践できていく人と、実践できない人がいます。 実行に移せない物理的障害がある場合は別として、なぜできる人とできない人に分かれてしまうのでしょう? 他にも家事… [続きを読む]

「こんな私、変えたい」って思っているあなたへ

自分を、今よりも、もっといい自分に変えていけるのか? その質問に対する答えはイエス!です。 じゃあどうすればいいの? どうすれば私は、今よりもいい私になれるの? 今日はそれについて書いていきますね。 突然ですが、初めての… [続きを読む]

「こんな私、変えたい」って思っているあなたへ(2)

自分を、今よりも、もっといい自分に変えていけるのか? その質問に対する答えはイエス!です。 じゃあどうすればいいの? どうすれば私は、今よりもいい私になれるの? 今日はそれについて、続きを書いていきますね。 昨日は、なり… [続きを読む]

子どもを心配する気持ちは、無理に手放さなくていい

信じて見守る子育て。 っていうと、 「信じるのが難しい。どうしても、心配したり、不安に思ったり、してしまうから。」 そんなお声をいただきます。 おかんは、無理にお子さんを心配したり、不安に思う気持ちを手放さなくては。って… [続きを読む]

あなたのゴールは、どこにありますか?

子どもの様子が、他の子と比べて気になる。 とか、 幼稚園や学校で、それとなく発達障害なのでは。みたいなことを言われた。 とか。 そうすると、発達検査をうけるのかどうか。 ってところになりますよね。 その時、しっかり考えて… [続きを読む]