雨になりました

昨日は、
次男の高校の体育祭の日。

お約束通り
前日には
友達が泊まりに来て、
我が家のリビングは、
合宿所状態でした。

友達がやってくる前、
次男が学校から帰ってきたときに、
いろいろと
話をする時間がありました。

今晩友達の分も、
体操服を洗濯していいか。

と聞くので、
自分でするならいいよ。
やり方教えるよ。

って伝えたり。

明日、雨になるかもね。

って言うと、
だからもう今日のうちに、
大綱引きと騎馬戦は
やってきた。

って言われて、
え?そうなの?

ってなったり。

じゃあもし、
雨で延期になったら、
体育祭はいつになんの?

って訊くと、
それはわからん。

って返事されて、
えっ!

って驚いたり。

少し前に、
次男から念押しで、
6日に友達と泊まるから。

と言われて、
前向きに返事をし、
当日もこうやって、
次男と色々会話をして、
穏やかになることができたので、
友達が来ても、
今回はとてもにこやかに
迎えることが
できました。

きちんと挨拶して
やってくる彼らを見ていると、
以前
出禁じゃぁ~
と次男に叫んでいたのが
嘘のようです。

1人1人で見ると、
みんないい子なんだよね。

10時少し前に、
次男と部屋を交換。

掃除はしておく約束だったのに、
掃除機がまだで、
床が埃だらけだったので、
すぐに呼んで
掃除機をかけてもらい、
何とか部屋に落ち着きました。

さぁ寝よう。
と、うとうとし始めたころに、
次男が、

洗濯するから教えて。

ってきたので、
起きて教えに行ったけど、
それは想定済みのことだったから、
イライラせずに済みました。

今回は、
人数が少なかったからなのか、
とても静かだったし、
ちょっとだけ
ドアの開け閉めの音が
気になっただけで、
あっという間に
おかん、爆睡。

部屋の交換も
3回目になると、
慣れたもんです。

体育祭の当日は、
7時過ぎに出るというし、
おかんはいつも通りに
5時に目が覚めましたが、
彼らが起きるのを
待ってました。

6時くらいになって、
もうそろそろ起きるだろうと
思っていたのに、
その気配なし。

あれ?おかしいなぁ?

トイレにいくついでに、
廊下から
ドアのガラス越しに、
様子を見たけど、
全員ぐっすり。

どうしようか迷ったけど、
一応ドアをあけて、
声をかけてみた。

髪型も似てたりして、
どれが次男かも
わからない(笑)。

とりあえず全員に、
「もう6時だけど大丈夫?」
って声をかけたら、
一番手前の子が起きて、
「はい、大丈夫です!」
って言うので、
次男の部屋に戻って、
学校のHPを見たら、
延期します。
と出てました。

どうやら彼ら、
これを見て安心して、
また寝たらしい。

学校のHPでも、
延期はすると書いてたけど、
次の日にちは出てなかったので、
やっぱり決まってないみたいで(苦笑)。

そんなんあんのか??

仕方なくそのまま、
次男の部屋で待機してたら、
7時半になって
突然バタバタしだす、
リビング。

きっと誰かが起きて、
やっべぇ!

ってなって、
全員が大急ぎで
登校の準備を
しているのだと思う。

結局時間ギリギリに、
大慌てで
大雨の中、
みんなで登校していきました。

そのためリビングは、
片付かないまま。

でもこれも、
次男が登校前に、
部屋に来て、
ごめん、寝てたから、
まだ片付いてない。
今日帰ってきたら、
すぐに片づけるから。

というので、
ちゃんと片づける約束をして、
見送りました。

今回のおかんは、
自分で言うのもなんだけど、
かなり寛大だったわ。

ちょっとした気持ちの違いだけど、
全力で
来てほしくない感を
漂わせているときは、
何かにつけて
イライラしてたし、
いろんなことが
気になったけど、

今回は最初から、
前向きに受け入れようと
自分で決めていたので、
イライラすることもなく、
気持ちよく、
穏やかに
迎えられたし、
自分も過ごせた。

そういうことだったんだな。
って今は、思います。

結局
よくなるかどうかは、
自分の気持ち次第。

彼らが嵐のように
出かけて行った後のリビングに入ると、
窓には懐かしの、
てるてる坊主。

誰かが作ったんだなぁ。

彼らの気持ちが
そこに込められているようで、
なんだか笑顔になりました。

おかげでリビングの
ティッシュがもうないけどさ(苦笑)。

« »