子どもの話を「聴く」ときに大事なことその4

子どもの話に
とことん耳を傾ける。
そして、
その話を否定せずに聴く。

今日は、
「子どもの話を否定しない」
について書きます。

こうお伝えすると、
よく誤解されることが
あります。

それは、
否定しない=子どもの話にすべてYESと言う。
ということです。

確かにそれは、
ある意味そうですし、
やみくもに
NO
と言ってしまう場合は、
あえて
YESを使ってみる
トレーニングをすることも、
あります。

でも本当のところは、
否定しない。
というのは、
そのままで肯定する。
ということであって、
子どもが望む要求に
すべて応えなさい。
と言っているのでは
ないのです。

子どもが話す内容、
言う言葉、
求めてくるもの、
すべてに対して
YES(ハイその通り)
で答えていたら、
聴く側の親は
いつかきっと
破綻してしまいます。

YES
ではなく、
どんな内容も、
「あぁ、あなたはそう感じたから、
そういうことを言うのね。」
と、
子どもの話の内容について、
否定せず肯定しているだけなのです。

だから、
聴く側の親は、
子どもの言葉に
同調したり、
従わないといけない。
ということには
ならないのです。

あなたの意見は肯定するけれど、
お母さんは違う意見、
違う考えを持っているのよ。

でいいのです。

そもそも、
どちらが正しくて、
どちらが間違っている。
ということでは
ないのですから。

どちらも、
それぞれが感じたままを
伝えあっていて、
相手がそう感じたのも、
自分がそれに対してどう感じたのかも
ただ事実であり、
事実に過ぎないわけですからね。

ただ、
違う意見だからといって、
子どもの意見を否定したり、
むやみに反対したり、
訂正したりはしない。
ってことです。

どんなときも、
最後までじっくり聴いて、
子どもの言葉をきちんとそのままで
受け止める。

そのうえで、
どうしてもこちらの意見を
伝えた方がいい。
と判断するのなら、
しっかり言葉を選んで、
相手を批判したり、否定したり
しないように伝えればいいのです。

最後まできちんと
聴いてもらった後なら、
割と素直に、
こちらの意見も聴いてくれると思いますよ。

子どもが反発するのは、
親が子どもの言葉を最後までロクに訊かず、
途中で言葉や主導権を奪って
反対したり、責めたりして、
子どもが十分聴いてもらった。
という感覚を持たないうちに、
親の主張だけを通そうとするから。

どんなにあれこれ
思ったとしても、
まずは最後まで
黙って子どもの話を聴きましょうよ。

それで得をすることはあっても、
損をすることなんて
絶対にないから。

もし、肯定してあげることが
とても苦痛で、
自分が負けたような気持ちになるとしたら、
それはアナタの自己肯定が
原因かもしれません。

だったら、「ほめほめ」。

2月開催の、
「ほめほめ」、
ただいま参加者さま受付中です!

今のままの自分を認め、
自己肯定感をあげていきます。

お子さんの言葉に、
いちいち反論しなくても、
子どもが言うことを
聞いてくれなくても、
自分を否定された気分にならず、
穏やかに受け止められるようになる。

それも、
自己肯定の力です。

自分の持っている
本当の力を
存分に出せるような自分になり、
生きているだけで幸せ。
と感じる人生に
シフトしていくことを
めざす講座です。

1度の受講で、
確実にそうなれる保証は
ありませんが、
自分の自己肯定が
どのくらいあるのか、
どのくらい上がるのか、
まずは受けて自分で感じてみてくださいね。

再受講も大歓迎です。

開催は、
2月12日(火)と
2月17日(日)。
時間は午前10時半から午後3時まで。

場所は大阪市内を予定しています。

受講費は5,000円ですが、
再受講の方は3,000円です。

参加された方の
ご感想はこちらから
https://ameblo.jp/love-and-hug-kiyomin/theme-10039680493.html

自分と子どもを幸せにできる、
自分自身の自己肯定。
しっかり手に入れて、
これからの人生を
変えていきましょ!

参加ご希望の方、
お問合せの方は、
メルマガに登録して、
おかんにメッセージをくださいね!

届いたメルマガに、
返信してくださればOKです。
返信しても、おかんにしか届きませんので
ご安心くださいね~!!

  

メールフォームよりお申込みの場合は
下記リンクからお願いします。

メールマガジンにご登録いただければ、
直接メールかLINEでお問い合わせ・お申し込みを
していただけます。

LINEにてご登録の場合はこちら

友だち追加数

最近、携帯・PCともに、
こちらからの返信メールが届きにくいので、
LINEアカウントをお持ちの方はできれば、
LINEでつながってくださいね!




« »