一片の悔いなし

絶賛春休み満喫中の次男。

ほぼ顔を合わさないので、
その行動は
全く謎。

いつどこに行って
何をしているのか、
あんまりよくわからない。

まぁ
おかん以外の
誰かに迷惑をかけたりは
していないようだし、
何も困っていないようだし。

おかんはこの間
がっつり迷惑かけられたけど、
(これはまた書きます)
特に今は困っていない。

連絡事項はLINEで足りてるし、
顔を合わさないからといって、
親子関係が
崩れたりも、していない。

月曜日の夜、
久しぶりに
おかんが起きている時間に、
晩ごはんを食べに
キッチンにやってきた、次男。

きけば今から20分後に集合して、
オールでカラオケらしい。

そして明日は、そのまま
梅田にお買い物らしい。

タフだなぁ。

そしてそうやって
自分の体力を
過信しすぎて、
たまに崩れる(苦笑)。

まぁそれも、
学びだ。
(何度も繰り返すやつ)

スケジュールは、
問い詰めたら
言いたくないだろうけど、
ゴキゲンなときに
楽しく訊けば、
いくらでも答えてくれる。

こっちの聞き方次第ってやつ。

ちょっと前まで、
「貯金する」宣言していたはずだが、
まぁそれはもう
追求はしない。

自分で稼いだお金を
どう使って
どう残すのかも、
今学んでいる途中だから。

もはや聞くまでもないが、
聞いてみた。

「毎日楽しい?」

「もちろん!」

って即答。

だろうな。

バイトも友達付き合いも、
すべてに全力投球だもの。

そうやって、
とことん遊んで、
納得いくから、
学校が始まれば、
学校のことにも
全力で取り組める。

自分が親から
認められていることを
わかっているから
安心して
好きな夢を語り、
その夢に向かって、
やるときは、やるのだ。

もう高校生。
自分で考える力は、
持っている。

たとえそれが、
親からみて
「どうよそれ」
って思うことだったとしても、
本人が考えたことは、
尊重してあげたい。

自分のことを、
自分で考えて
自分で決めて
行動するから、
自分のしたことに
責任も持てるようになる。

長男とは
全く違う高校生活を送る次男に、
こういう生き方もありなんだー。
を実感しております。

何がそうだか
よくわからない、
ごく普通もいいけど、
自由に好きなように
生きていくことは、
素敵だと思う。

で、おかんは、
おかんがおかしいと思ったことは、
全部言う(笑)。

嫌だと思ったことは、
「嫌」って言う。

でもそれで、
おかんの思うとおりには
ならないのを知っているし、
思うとおりにしようとも
思っていないから、
言えば終わりにできる。

それを聞いて、
後は本人が判断すればいいと
思っているから。

信頼関係が
できているから、
思ったことを言ったって、
関係は壊れない。

大人になって、
振り返って後悔するより、
全部やって、
「一片の悔いなし」
って言える大人に
なるなら、それでいい。

子どもって、
ちゃんと信頼関係を築いて、
信じて任せれば任せるほど、
悪いことはしません。

親が子どもを疑い、
何かしているだろう。
という目で見れば見るほど、
実はそうなっていくんだなぁ。

あなたのお子さんは、
毎日笑って楽しく生きていますか?

あなた自身は、
毎日笑って楽しく生きていますか?

一片の悔いなし
は、
結果が残せたから
言えることではなく、
自分なりにやりきったから
言える言葉だと思うのよ。

あなたは今の子育てを
振り返った時、
「一片の悔いなし」って
言える?

« »