子育てがしんどくなったときは

今向き合っている子育てが、
とてもしんどくて
とても辛くて、
どうにかならないか。
と思ったとき、
意識してほしいことがあります。

ひとつは、
子どもに対する期待や、
自分のこうしてほしいという
欲を手放すこと。

そのためには、
自分自身が子どもに対して、
期待や欲を
持っているということを
自覚するところからに
なりますが。

我が子に対して
イライラするのも
心配するのも、
今目の前の我が子ではない、
もっといい子に
なってほしいという
期待や欲が原因になります。

諦めではなく、
無関心でもなく、
大好きで
応援しているけれど、
期待とか欲とか、
子どもにまっすぐ
向き合うために不要なものは、
意識して
手放してみるということ。

純粋に、
信じて応援しておくことだけに
徹するということです。

こうなってほしい。
こうならなくちゃ。

そんな想いは
いらないのです。

それがあるから、
しんどくなるのですからね。

どうなっても、
どうあっても、
この子はこの子で、
この子は私の子だ。
そして私は
この子の親だ。

ただそれだけのこと。

簡単ではありませんが、
手放す意識を持って、
自分の行動や気持ちを
見直すことは
とても大切です。

二つ目は、
現状をベースに
考えるということ。

○○になったら。
○○が○○してくれたら。

そんな仮定の中で、
ああしよう、こうしよう。
と考えないのです。

それは、
そうならなければ、
できないことばかりで、
結局苦しくなってしまうから。

そうではなく、
今このときの、
この状況の中で、
自分に出来ることは何か。
を考える。

ただそれだけなのです。

目を向けるべきは、
過去でもなければ、
未来でもない、
今この時だということです。

そして、
自分がこの状況の中で、
どうしたらいいのか。

その答えは、
自分の中にしかありません。

人に訊いて
教えてもらえるものではないので、
たくさん考えて、
なんども試行錯誤して、
自分自身の答えを
見つけていくのです。

三つ目は、
今自分が
試練だと考えていること。

そこから逃げないことです。

逃げたら、
また同じ形で、
同じような試練が
目の前にやってきます。

腹をくくって、
しっかり向き合い、
取り組まなければ、
それはずっと
自分の目の前から
去ってくれないのです。

大事なことは
上手くクリアするかどうか
ではなく、
その中で、
何を考え、
何に気付き、
何を学んでいくのか。

自分をどう成長させていくのか。
ということ。

子育ても、
人生も、
逃げていては、
いつまでたっても、
どこまでいっても、
辛いままです。

おかんのカウンセリングでは、
辛さと向き合うお手伝いも、
しています。

しっかり自分や辛さと向き合って、
次の自分を手に入れたい方は、
カウンセリングを。

向き合うと同時に、
お子さんとの対話のスキルも
身につけたい方は、
子育てコーチング講座を。

どちらを選んでも、
気質診断と、
おかんのサポートで、
しっかりと支えていきますのでね。

受けるにあたっての、
気になることや
質問などは、
いつでもお気軽にどうぞ。

ただし、
これを受けて
あなたが変われるかどうかは、
あなた次第なので、
おかんにその答えは
求めないでくださいね。

そこは、
あなたが決めるところです。

« »