子どもは失敗を繰り返す・・・大人ももちろん繰り返す

少し前のことになりますが、
用事で帰ってきていた次男が、
下宿先に帰るとき、
荷物を一個
置き忘れて帰ってしまいました。

困ったことに、
その中には財布が入っていて、
財布の中には
交通系ICカードも
入っていて、
財布がないと彼は
生活も、身動きも
できない状況に
なってしまったのです。

こういうことがあるから、
帰るときの荷物は
ひとまとめにしてほしいし、
貴重品なんかは、
確実に持って帰りそうな
ところにしまっておいてほしいもの。

なんですけど、
それはおかんが
いくら言っても
こうなるまでは
彼にはその言葉は
届いていなかった。


これまでも、
実家と下宿先を
行き来する中で、
いろんなものを
どちらかに忘れ、
おかんが走る。

そのパターンが
繰り返されてきて、
そのたびに、
助けて動いてきました。

長男の子育てで、
失敗を繰り返す子どもには
対応してきたはずのおかんですが、
やはり
自分の時間を奪われたり、
予定を変更せざるを得なくなったりすると、
腹が立ちます。

多分そこは、
これから先も、
おだやかに「いいよ」
なんて言わないと思う。

実際、
たびたび文句を言いながら
走ってますし、
今回の財布の件では、
彼が「ごめん」しか言えないのを
知っていて、
責めるようなメールを
数回送ってます(苦笑)。


腹は立つけど、
助けないわけには
いかないから
動きます。

けれど、
心のどこかで、
「おかんがいるから
忘れても大丈夫」には
なってほしくないと
思っている。

けれど、
人は失敗をする生き物で、
長男も次男も
そして
今は怒る側のおかんも、
日々失敗をしながら
生きている。

だから、
過去を持ち出さず、
本人を否定せず、
今の怒りだけ発散し、
発散したら元に戻る。

自分にルールとして
課しています。


完全に、
失敗を繰り返すヤツはダメなんだ。
なーんていってしまうと、
自分もろとも
ダメの烙印を
押すことになってしまいますからね。

腹立つけど、
しゃーないなー。

二度とやってほしくないし、
文句は言うけど、
こういうことってあるよなー。

いつかおかんが
助けられる側に
なるかもしれないよなー。

そうやっていつも、
もんもんとしながら
息子たちのために走り周り、
ちょこっと睡眠を削ったりすることも
あったりします。

そして笑顔で
文句を言う。


おかんは、我が子を、
失敗しない子どもに
育てる子育てが
したいのではありません。

自分も子どもも
人はみな失敗する存在だと
認識して、
その中で、
自分に出来る精一杯で、
助けながら
一緒に育っていく子育てが
したいのです。

メガネごときで、
車を走らせるなんて、
もう二度とごめんだよ。

なんで財布を
そんなところに
入れておくかな。

本人にも怒りをぶつけ、
なんなら
「わーーーーーっ!」
と叫びつつ、
それでも助けるために
走ります。

そんな子育てを
誰かにどうとか
言われても
そんなことは
どうでもいい。

おかんは
自分のやりたい子育てを
していくだけなのです。


今日もまた、
笑って過ごせますように。

今日もお読みくださり
ありがとうございました。

発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »