今ないものが、欲しくなる

昨日の夜、
寝ようとして突然、
家の中ががらんとして
静まり返っていることに気づき、
子どもたちが小さくて
にぎやかだった頃を
思い出しました。

その時ふと、
「これが、寂しいってことかな」
と思いました。

びっくりしたのは、
そう感じた途端に、
勝手に涙が
出てきたこと。

まさか自分が
こういう感覚になり、
こうなるとは、
正直思ってもいませんでした。

次男が家を出てからも、
あれこれと
やり取りや行き来も多く、
そこに
長男とのやり取りも加わり、
今日はこっちに
明日はあっちに。

そんな日々が続くと、
もういい加減
静かに過ごさせてくれ。
と感じていました(笑)。

それももうすぐ一段落かな。

思ったりもしていたので、
そんな中での
心の変化だったのかも
しれません。

なんだか、
ちょっとした
ホームシックのような
感覚でした。


だからといって、
またみんなで一緒に
暮らしたいとは
思わないし、
あの時もっと
こうしておけばよかった。
とも思わない。

どちらかといえば、
「あの時はあの時で、
全力で頑張ってたよね」
「だから今があるよね」
的なことを
ささやく自分がいました。

やっぱり、
私は自分の子育てに
後悔なんてしていないんだな。

そう実感したのでした。

一つ言えることは、
子どもたちが家にいて、
一緒に暮らしていたあのころ、
なんども
「一人の時間、
1人で好きに過ごせる生活が欲しい」

強く望んでいたことが
今実際に手に入って
とても嬉しいのと同時に、
ちょっとだけ
あのガチャガチャしてて
大変だったあのころが
懐かしくなっているということ。

今ないものが
欲しくなるときがある。

それが人間の
心なのだと思います。

子育ては、
いつか卒業するときが
必ずやってきます。

ある日突然のことも
あるでしょうし、
少しずつ
離れていくことも
あるでしょう。


しっかり向き合って、
自分なりに
ちゃんと取り組んでおかないと、
やっぱり
後から後悔することって、
多いと思います。

後悔が
ゼロになるなんてことは、
ありませんが、
自分次第で、
少しでもその後悔を
減らすことは
できますからね。


そのためには行動することが
大事です。

親子関係をもっといいものに
していくために。

親である自分自身を
より良くするために。

自分の人生を
胸を張って生きていくために。

あなたが今出来る行動は
何ですか?


今日は
2週間ぶりに、
家族みんなを
LINEでつなぎます。

今日こそは
次男が起きて
参加してくれると
いいなぁ。

今日もまた、
笑って過ごせますように。

医療現場や、
ライフラインを保つために
いつもの日常を
私たちが送るために、
働くお母さんの
お子さんを預かるために、
今日もいつも通り
お仕事に向かわれるみなさんに
心から感謝します。

今日もお読みくださり
ありがとうございました。

発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »