トラブルは、いつもあるもの

ちょっと昨日から、
次男のことで
またごたごたしております。

子育てをしていると、
子どものトラブルに巻き込まれ、
ヘトヘトになって、
もうこんなの嫌だ。
って思うことが
何度もあります。

おかんだって
そんなこと、
日常茶飯事くらいに
ありますもん。

できればもうちょっと
穏やかな子育てや日常を
送りたい。って
思うことだって
あります。

感覚的には
20年間、
いや子育てをする前からずっと
自分はジェットコースターに
乗っている気分(爆)。


でもね
トラブルのない、
あるいは
トラブルに巻き込まれることのない
子育てや日常生活なんて、
実際にあるとは
思えないのです。

そしてこれが、
「生きてる」
ってことだと
思うのですよ。

生きている以上
いろんな問題は
日々発生していきます。

我が子に発生すれば、
親はどうしても
巻き込まれていきます。

逆に
親に問題が発生したり、
問題があれば、
子どもはどうしたって
巻き込まれていくもので、
家族という
近い関係性であれば
それは仕方がないことなのです。


百歩ゆずって、
トラブルはつきものだ。
と認めたところで、
そこに巻き込まれて
自分が抱えてしまう
モヤモヤや
嫌な気持ちは
どうすればいいのでしょう?

おかんは、
そういう気持ちは
嫌なので、感じたくない。
とは捉えていません。

こんな状態なのだから、
感じて当然だな。

自分の心を
そのまま見つめています。

過去の経験から言って、
そういう時の感情って、
時間とともに
消えたり薄れたり、
していきませんか?

同じような経験があれば
よみがえってくることも
ありますが(笑)。

それでも、
一生その感情の中で
生きていくことは
稀だと思います。

その感情に執着しすぎて
過敏になり、
どんなときも
その感情を引き寄せるように
なってしまったら、
話は別ですけど。


なので、
人生には、
千本ノックくらい
トラブルが
自分に向かって飛んでくるもの。

そして、
それを受け続け、
走り回り続けることが
生きるということ。

もちろん嫌だし、
しんどいけれど、
人生はそれだけではない。

楽しいことも、
嬉しいことも、
感激することも、
ワクワクすることも、
そのトラブルと同じくらいか
もっとずっとたくさん
ある。

トラブルは、
人生における
風邪のようなもので、
みんなあちこちで
かかってます。

この世界のいろんなおうちの中で、
仲間も闘っているんだな。
って。

まるで自分には
いつも特別きついのが
やってくると思いがちだけど、
意外とみんな
結構きついのを
くらってますね。

逃げずにちゃんと
受け止めて、
精一杯今自分ができることをして、
安心して話せるひとに、
たまには愚痴もこぼしつつ、
しっかり寝て食べて、
その時期を乗り越えましょ。

そしたらその経験は、
いつか自分の成長の
土台となり、
笑って話せる日が
来るようになりますからね。


今の自分の状態を、
LINEのスタンプの絵で表して
眺めてみると、
こんなときだけど、
結構表情が緩みます。

ああ今わたしって
こんななんだ~。
って、
肩の力を抜いて、
ちょっと引いて見つめてみませんか?


今日もまた、
笑って過ごせますように。

今日もお読みくださり
ありがとうございました。


発達障害児の子育てに悩む
お母さん必見!

自分も発達障害の息子を育ててきた
ハンサムおかんが伝える、

「発達障害児を育てるお母さんのための子育てコーチング講座」
~もう一人でがんばらなくていい~

↓ ↓ ↓
詳しくは、こちら

« »