こうなったらどうしよう。。。

子育てをしていて、
よく感じるのが、
「この子がこんなになったらどうしよう」
という不安。

発達障害や特性があると、
大人になって
社会人として
うまくやっていけるのだろうか?
って不安は、
どうしても感じて
しまいますよね。

そうでなくても、
ニュースを見たりして
この子がこんな風になったら
どうしよう。
って
不安を覚えてしまうことも
あると思うのです。


そんなときあなたは、
どうしていますか?

どんな風に
自分の気持ちを
コントロールしていますか?

ただやみくもに、
その不安に駆られて、
お子さんに、
何かを厳しく
教えても、
効果はないことが
多いはず。

かといって、
何も行動しなければ、
不安はますます
大きくなっていく。


そんなときこそ、
考える力が必要で、
その不安を
いい方向に
転換していく力が
必要だと考えます。

今日はその方法を
少しお伝えしていきますね。


まず、
今自分が不安を抱えている。
という、
その状態。

それを
そのままでOKにしてくださいね。

人は不安を感じる生き物であり、
不安を覚えるのは、
誰にでもある
当たり前の事。

不安を感じちゃいけない
わけではなく、
ネガティブな人だからとか、
そんなことも
関係ないのです。

不安は当たり前に
誰でもが持つ感情。

だから、
そんな自分自身に対して、
「〇〇が不安なんだよね」
「それでいいよ」
「わかるわかる」
「そりゃ不安になるよね」
って、
誰か大切な友達や家族に、
声をかけるのと
同じように
心の中で
声をかけてほしいのです。

優しくね。


不安を感じては
いけない。
もっと自分がしっかりしなければ。

って
不安を感じて
その不安を押し込めて
おこうとするから、
逆にその不安に
着目してしまって、
そこから離れられなく
なります。

だから、
それでいいんだよ。
って
自分に伝えてあげてください。

うんうん、
そりゃ不安だよね。
私もそう感じるよ。

ま、どっちも自分だけど(笑)。


そして、
今ある不安、
箇条書きでいいから、
言葉にしてみてください。

うまくできなくても、
OKです。

誰に見せるわけでもないから、
きれいに書かなくても
OK。

心の中から、
紙の上に
その不安の居場所を
うつしていくような感じで。


で、もう一度
その書いた紙を見て、
あーそうなんだー。
それが不安なんだなー。
って
しっかり見つめてくださいね。

もしかしたら、
書いているうちに、
「これは仕方ないよね」
って思うことが
出てくるかもしれない。

出した不安の
解決方法は、
内容によってさまざま。

小さな紙に書いて、
ぐしゃぐしゃポイ。

ありですし。

でもね、
あなたの中から
出てきた不安だから、
誰かに解消してもらう。
という選択肢は
持たない方がいい。

我が子であっても、
負わせるのは
やめた方がいいと思いますよ。

信頼関係を壊してしまうから。

たとえそれが、
お子さんに関することで
あったとしても。
です。


自分の不安は、
自分で解消するか、
自分の中に
しまって大切に
持っておくか。

不安を抱えた私。

いいんです。

その不安が、
大きくなったり、
小さくなったりしながら、
私たちは
毎日を生きています。

大きくなって、
ちょっと困ってきたら、
そんな自分に
「よしよし」
と声をかける。

紙に書いて
眺める。

小さくなって、
心の中に
置いておけるようになったら、
また一緒に生きていく。

それでいいのです。

でもその不安を
自分で行動することで
絶対に解決したい!

と思う方は、
方眼ノート1day講座ベーシックを
受講してみてくださいね。


方眼ノート1day講座ベーシックでは、
不安や困りごとを
自分で解決していける、
問題解決力を
手に入れていただきます。

やり方は、簡単です。
でも効果はすごいですよ!

なんだそんなことだったのか!
みたいなところから
答えが見つかったり、
想像以上の答えと結果を
手に入れたり。

まずは自分で
学んで使ってください。


そして、
お子さんの困りごとも
そのツールで
一緒に解決していって
あげてください。

お子さんにとって、
頼れる
安心と信頼の
お母さん、お父さんに
なれるかも!

そうやって育てていくうちに、
お子さん自身にも
問題解決力が
自然とついていきますからね。


自分で自分の問題を
解決できた。

その記憶は、
自信や
自己肯定感と
繋がっていきます。

自分とお子さん、
そして周りの人の未来を変えていく、
新しいツールとスキルを手に入れ、
新しい年を
過ごしていきませんか?


昨日早速、
一歩を踏み出してくださった方が
想像以上にいらっしゃって
すごく嬉しくなりました。

手渡せて、
一緒にワクワクする未来を
開けていきたい。

そんな気持ちで、
あなたのお申込みを
お待ちしておりますね。


方眼ノート1day講座ベーシックへの
お申込みはこちらから。

開けても自動的にお申込みには
なりません。

詳細だけでも
読んでみてくださいね。

方眼ノート1day講座ベーシックは、
高校生から受講できます。
その場合、
学生割引にて
受講いただけます。

メルマガ登録後のお申込みなら
優待価格で受講いただけますよ。

↓こちらは通常価格でのお申込みとなります。

https://resast.jp/inquiry/OGIyMDRiNzgzM

自分の手で、
人生と子育てを
変えていきたい人を
お待ちしています。


急に寒くなったと思ったら、
長男からは夜中に、
「白くなってきた」
とLINE。

彼は京都市内でも、
北の方に
住んでいますからね。

きっと今朝は
雪化粧した金閣寺が
見られるはず。

朝起きて
LINEを見て、
急いで外を見に行ったけど、
おかんのところは
降っていなかった。


今日もまた
笑って過ごしましょ。

今日もお読みくださり
ありがとうございます。


« »